女性の割合が増加

警備員

私たちの安全を見守ってくれる仕事としては、警察官や消防士が思い浮かぶのではないでしょうか。そして、更に身近な存在と言えるのが警備員だと言えます。例えば工場現場や駐車場の整理ですが、車両や歩行者が安全に通れるように常に目を光らせてくれています。また、図書館や病院においても警備員が配置されています。案内や清掃を含めて、警備の仕事内容は多岐に及んでいます。そんな警備員の仕事ですが、近年は大幅な人員不足となっています。若年層はもちろんですが、女性やシニアであっても活躍することが出来ます。社会的な信頼も高い仕事ですし、正義感の強い方に向いている仕事と言えます。夜間専門の警備もあるので、副業にも適しています。

必要な資格に関して

警備員

警備員の仕事をするにあたっては、特別な資格を要しません。しかし、交通誘導に関しては講習を受けておくと時給が上がります。また、金融機関の警備をするのであれば、護身術をマスターしておくべきです。要人の警備にあたる仕事もありますし、いつ何時暴漢に襲われるか分かりません。最低限の護身術を身に付けておくことで、有事に備えることが出来ます。特に女性の警備員の場合は、痴漢対策や盗難に備えておくと良いのではないでしょうか。

待遇も充実

警備員

大手警備会社の場合は、福利厚生もしっかりと行き届いています。備品の支給はもちろんですが、社員寮や保養施設も完備されています。各種手当ても充実しているので、若い警備員であっても年収が600万円を超えることが珍しくはありません。夜間の病院警備であれば、時給は2000円と言われています。決してハードな仕事内容ではありませんし、休憩や仮眠の時間が確保されています。他の仕事と兼ねられるので、生活にゆとりが生まれます。

増えるアルバイト求人

警備員

警備員に鳴りたい方は、まずは警備会社に登録をしておくと良いでしょう。工事や建物の建て替えは常に行われていますし、一年を通して仕事が発生しています。とりわけアルバイト警備員のついては、自らが空いている時に働けるメリットがあります。また、近年増えているのが学校の警備です。安全の象徴と言われていた学校ですが、不審者対策や保護者の案内業務に警備員が活躍しています。高校や大学においても求人が増えていますし、生徒との触れ合いで獲られることは多いのではないでしょうか。心身がタフであるこが採用の条件になりますが、社会に貢献出来る素晴らしい仕事です。勇気を持って飛び込んで下さい。

広告募集中